So-net無料ブログ作成

パプリカの栄養は色によって違います [栄養豆知識]

パプリカはピーマンやししとうの仲間で、
唐辛子の甘味種の一種です。

トウガラシの仲間でも、
パプリカはピーマンよりも肉厚で、
苦味が少ないのが特徴です。

赤パプリカがいちばん甘未が強くて、
完熟したものは美味しいですよね^^

papurica.jpg

ビタミンC含入量が高い
と言われているピーマンですが、
パプリカはそのピーマンに比べて
栄養価がさらに高いのが特徴です。

特に赤パプリカビタミンCが2倍、
カロテンが7倍と言われています。

ピーマンは未熟なうちに収穫して
そのままわたしたちの食卓に届けられますが、
パプリカは完熟した状態で流通しています。
だからピーマンより栄養価が高いのですね。

ピーマンも完熟すると
パプリカのように赤や黄色に色づくそう。
ちなみに、パプリカも未熟なうちは
緑色をしているそうですよ。

パプリカといえば、黄色なイメージですが、
オレンジ色のパプリカもあります。

パプリカの色によって栄養価違うので、
それぞれの特徴をまとめてみました。

パプリカ主な栄養素と効果

赤パプリカ
■カプサイシン:
・β-カロテンよりも高い抗酸化作用
・コレステロールを減らす作用(動脈硬化・心筋梗塞予防)
・新陳代謝を高める(疲労回復)
■ビタミンC:ピーマンの2倍
美白効果・免疫力アップ
■β-カロテン:ピーマンの7倍
・抗酸化作用
■ビタミンP
黄パプリカ
■ビタミンC:
■ルテイン:
肌の老化を防ぐ
■ビタミンP
オレンジパプリカ
■β-カロテン:ピーマンの20倍
■ビタミンC:ピーマンの3倍
■ビタミンE:
エイジング効果
■ビタミンP


注意点

■肉厚なので加熱してもビタミンCが壊れにくい
■β-カロテンは油と一緒に調理すると効率よく摂取できる


新鮮なパプリカの見分け方

■色が鮮やか
■ツヤとハリがある
■旬は時期は6~9月


パプリカを使った生ジュースレシピは
こちらからどうぞ!




nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。